サティが好きなメロママンとメロディの日記    ☆上海から☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
カピリナさんのクリスマスリース☆
JUGEMテーマ:海外生活
 
カピリナさんのフラワーアレンジメント☆
今月はクリスマスリースです。

飾っているうちにドライになる花材だそうです。
この材料だけでウキウキ〜〜〜♪


ユーカリをリースの台にまきまき。
ひたすら、まきまき。
その後、綿とか松ぼっくりをワイヤーで固定してきました。


出来上がり!
あれ、なんか、まんまるじゃなくて縦長だ!!


家に帰って、45度回転させちゃいました。


今回もかわいいアレンジでした!!!



23:51 シャンハイ生活 -
FRANCK狂い
JUGEMテーマ:海外生活
 
メロパパンは「FRANCK狂」です。

「何処で食べる?」と聞くと
「フランク」としか言いません。
絶対↑↑↑ としか言いません。

今日も朝から「お昼、フランク?」とか言っていました。
そのくせ、予約の電話はママンにさせようとします。
無視していたら、自分でするようになりました。
めでたし、めでたし。

お昼の予約が満席で取れなかったので、隣のpetitに行きました。

エッグベネティクトとモッツァレラチーズのサラダ。
やっぱり、とっても美味しかったです。


メロディはカウンターの下ね。



ワインも飲んで、いつも通りの〜んびりな週末でした。




23:36 シャンハイ生活 -
目をひくベンチ
 JUGEMテーマ:海外生活

12月2日、新天地の新しい駅ビルにFranc Francがオープンしたそうで行ってみました。

地下鉄10号線・新天地駅の改札から新天地まで、この駅ビルのオープンで退屈せずに行けるようになりました♪

Franc Francのお隣はPEACH JOHNでした。
テナントがシュージャーフイの美羅城・5番街と酷似していたので、同じディベロッパーなのでしょうか。

地下階でかわいらしいベンチを発見!




手編でもあるような、ニット既製服のリサイクルでもあるような。
カラフルなニットがベンチカバーになっていました。

プロダクトとしては完成度が低く、公共物に必要な耐性という点に問題はありましたが、明度の低い色群の中にただ目立とうとする彩度の高い色が氾濫する上海の街並の中で、このベンチには違う角度からアプローチする愛らしさを感じました。











09:38 シャンハイ生活 -
クリスマス・キャンドルアレンジメント☆
 JUGEMテーマ:海外生活

プリチーマダムなあの方の素敵なお家で、クリスマス・フラワーアレンジメントを教えてもらってきました。

サンタのマントを羽織ったヴィヴィ&ラナンちゃんが元気にお出迎え♪

アレンジに使う小物は、かわいぃカードと一緒にラッピングされていました♪♪
ワクワク、気分が盛り上がります☆

8人もかけられる大きなレイジースーザンが大活躍。
中央がソフトな色の大理石で素敵なテーブルでした。
その上に、花材やお菓子やお見本を。
華麗です☆

今回はキャンドルを配したアレンジメント。
ヒバとユーカリが良い香りを放っていました。

出来上がり♪ 我が家にもクリスマスがやってきますよ〜♪

皆さんと並べてパチリ。

さて、完成後はディナータイム☆

持ち寄ったフード(といって、メロママンは手ぶらでした!)とワインで乾杯。

時が経てば、こんな風にも…

あんな風にも…

そしてこの日もあっと言う間に過ぎていきました。


ヴィヴィ・ラナママン、センスの良いアレンジメントを教えてくれてありがとね☆
メロママンはアンコールしたいです。




22:55 シャンハイ生活 -
一つ大人になっちゃった☆
 メロママン、誕生日を迎えました
今からン十数年年前に産まれてみましたよ。

昼間はメロディとスーパーべったり&ぬくぬく、の〜んびりお散歩デートして、夜は旦那さんと外灘が見えるとこデートをしましたよ

東方明珠が芸術的に撮れました

キラキラ〜

キラキラ〜



この一年は、沢山の人たちのお陰でとても×とても充実していました。
“愛”を沢山知った一年でした。

家族に感謝
皆に感謝
自分にも感謝
生きていることに感謝です




23:35 シャンハイ生活 -
天山お茶市場
まだ暑かった頃、 中国画の呉先生に「天山お茶市場」を案内していただきました。

市中心にあって、アクセスしやすいお茶市場。
ビルの中はお茶屋さんがひしめき合うように軒を連ねています。

先生によると、1階は卸し中心(といっても、小売りもしてくれます。)
2階が各産地の農家さんが直接店を構えているということです。

今日のお目当ては岩茶の「大紅袍」。

その専門店を紹介してもらいました。

普通、お茶市場では無料で腰を落ち着けて飲み比べをすることができます。
お姉さんが手際よくお茶を煎れてくれます。

同じお茶でも、一煎目、二煎目、三煎目と、色も香りも変わってくるので
それを楽しみます。
わんこそばならぬ、わんこ茶な感じ。

こうしてゆっくりと時間をかけて、好みのお茶を探すことができます

この日は目的の大紅袍、それからモーリーフア茶(ジャスミン茶)と、この農家さんしか作っていないという、蘭の香り付けをしためずらしいお茶を購入しました。
この蘭のお茶、本当に優雅でゆったりとしたフローラルな香りを楽しむことができます。

お茶も買ったら、茶器もね!ということで、景徳鎮のお店にお邪魔。

人の手によって描かれている本物の茶器ばかり。
様々なタイプの物があり、見応えがあります。
良いものが欲しいときは、やはりじっくりと探すべきですね。


そんなこんなで、あっと言う間に夕方になってしまいました。
次回はプーアール茶のお店に行く予定です。


先生、充実した課外授業をどうもありがとうございました









12:33 シャンハイ生活 -
ブンカ・整とん、ですって・・・
 古北の美濃屋で仕入れてきた情報です。

のほほ〜んと過ごしていたら、10月1日付けのペキン政府発令で
「ブンカ・整とんの令」が出ていました。
なんじゃそりゃ

ハポンから新聞、雑誌、コミックは今後この国では発売できないそうです。
気晴らしに買っていた雑誌が買えなくなっちゃいました。

でも輸入の禁止では無いようなので(だってそうしたらまたW○Oとか持ち出されるだろうし、それは避けた?)、ハポンから直で定期購読しているものは今後も入手できるようです。

な〜にがブンカ・整とんでしょう!

最近ユルユルぎみだったジョーホートーセーじゃんか。
ぶぁ〜か。
13:06 シャンハイ生活 -
ショートパスタ
 イーダーリーのお土産でもらったアンチョビとオリーブの刻み瓶詰め。

ペンネやパスタはもちろん、じゃがいもにトッピングしたり、鯛に塗ってソテーしたり、色々試してみたけれど、
ショートパスタと炒めたズッキーニ、すりおろしたた〜っぷりのパルメザンチーズとこれをあえて、熱々のうちにいただくのが一番美味しかった
ヒット  ごちそうさま〜

 
10:38 シャンハイ生活 -
やきとり、天麩羅、ifc
 コラボ(桃江路)の前にオープンした焼き鳥やさん「南蛮亭」。
オーナーが香港人のわりに美味しかったよ。
ごちそうさま〜


上海っぽい風景?


栓抜きビルにオープンした天麩羅屋「一宝」に行ってみた。
大阪に本店があるんだって。

カウンターで揚げてもらったよ。
美味しかった。
ごちそうさま〜

って言いたいけど、給仕さんの親指がいつも器の中に入っていたよ。
教育してくれ。減点

旦那が「一度は行け、行け」と五月蝿かったので、
ifcの地下の「city super」(香港系)に行ったよ。

生鮮は良くチェックしなかったけれど、冷凍モノやら調味料やら日常雑貨やら、輸入ものがなんでもありました。しかも麺つゆ一つにしても色々あって選べる…すごいです。
特に充実していたのは「焼き肉のタレ」類でした。香港で売れてるの?

今やシャンハイは金さえあればハポンと同じように暮らせるのね〜!と実感。
(心配なのは医療だけ〜)

あとあと、Mieleのオーブンが売られていました!!超欲しい!!! ハポン以外のアジアで始めて見たMiele
KENWOODの白もの家電もデザインがよかった。これも魅かれる、きゃ〜


確かに、ここに行けば感覚が普通に戻れてテンションが上がるかもしれません。





22:03 シャンハイ生活 -
FRANCKランチ
 国慶節3日目。
なんとなく晴れました。

今日は休日出社しなかった旦那さん。
朝からのんびりしている気配を察して、メロディが旦那に「遊ぼう、カフェ行こう!」とまとわりついていました。
平日には絶対見られない二人の関係。

にゃんわん会オフ会の下見をキャンセルさせてもらい、今日は旦那さんとFRANCKにランチへ。
ランチは久しぶりです。

お決まり?シャンパン、にしたかったけど、グラスなのに170元だったのでエコノミーにスパークリングワイン。
ドライだったよ。

これこれ、ランチ時にしかない「FRANCKサラダ」がずっと食べたかった

ハムの盛り合わせ。イタリアからの生ハムも入っています。

後は牛のタルタルを頼んで、お腹が超いっぱいに。


昨年からローカルの富裕層客も増えて、ゆっくりとローカライズが始まっているFRANCK。だからと言ってサービスや料理の味が落ちているわけではありません。しっかり維持されていますよ。

そうそう、Casa BRUTUSの8月号にこのお店とオーナーが載っています。
フランス人のオーナー、その号を早速見せたらとっても喜んでくれました。
その後、ちゃんと出版社から掲載誌は送られてきたかしら。
今日確認するのを忘れてしまいました。

フランス語で書かれるメニューが読めない私たちは、日本人シェフにいつも本当にお世話になっています。
今日もありがとうございました


22:20 シャンハイ生活 -
<< 2/4PAGES >>